座・テント ~ソロキャンと登山~

ソロキャンで行ったキャンプ場(茨城・関東周辺)

2020年 新語・流行語大賞に「ソロキャン」が選ばれました! ~ 今からソロキャン始めよう~

2020.12


年間新語・流行語大賞に我らが「ソロキャン」が入りましたねー!!

いやー、うれしーです!

 

ぱちぱちぱちっ!

👏

 

受賞者はたぶん代表してなんでしょう、

芸人の「ヒロシ」さんでした。

自分はテレビで見てなかったのですが、

ヒロシさんて受賞式出てたんですかね?

 

自分がソロキャン始めたのは2019年4月。

全く趣味など無かった男なんですが、

今やどっぷりにハマって抜け出せない状態です。

たまに聞かれるのですが、始めたきっかけは

・・・思い出せないんですよね。

考えても分かりません。

 

まー、それは置いといて

今から「ソロキャン」始めようとしてるそこのあなた!

今ブログ見ているそこのあなたですよ!

ソロキャン始めようと思っていませんか?

思ってたら「ユー、始めちゃいなよ!」

 

でも、始めようとしてもどうしたらよいか?と思ってませんか?

ブログやSNSなどで、おしゃれ女子がやっている華やかなキャンプや、

無骨キャンプ・格好良いギアで溢れているキャンプを見てて、

自分ではこんな揃えられない!敷居高いなとか思ってませんか?

 

大丈夫です!最初からそんなに揃えている人いないと思いますよ。

 

自分は最初、はまるか分からないので、アマゾンで安いキャンプ道具揃えました安くても全然行けます。

 

そこでソロキャンを始めるに当たり、必要な道具をご紹介したいと思います。

いくらぐらいあればキャンプできるんでしょうかね。

 

 

 

テント

テントは必須ですよね。

いわゆる野外での自分の家です。

 自分が買ったのは

フィールドアのキャンプドーム100です。

テント内 200㎝×100cmと一人でゆったり使用できます。

収納時サイズも Φ18cm×44cmとコンパクトになります。

耐水圧1,500mm と他のテントより若干低いです。

自分は雨男で、昨年はほとんど雨キャンでしたが、

雨にも風にも台風にも負けず、快適なキャンプを送れました。

f:id:tkcgs119:20201207153556j:plain

海沿いのキャンプ場で風が強かったですが、大丈夫でした。

f:id:tkcgs119:20201207153636j:plain

雨もOK

f:id:tkcgs119:20201207153706j:plain

 

テントポールとグランドシートセットで
¥12,300です。
 
テントポールはなくても問題ありませんが、グランドシートはあった方が良いかもしれませんね。
 

寝袋

寝るのに必要です。真夏のキャンプならいらないかも。

自分がキャンプ始めたのは春ごろだったので、安い寝袋をとりあえず買いました。

冬の寒い時期はこの寝袋では耐えられません。

中に着込んだり、段ボール引いたり、毛布掛けないと寝れなそうです。

 

重量1.4kg 収納サイズ Φ22cm×40cm

 

¥2,599です。
 

寝袋購入の注意点

ちなみにそのあと「-15度」まで耐えれる寝袋買ったのですが、
全然耐えられません。大きすぎるし、買うときは検討してください。
お値段¥5,000くらいしました。
上記の寝袋と体感変わりません。
あまり知らないメーカーのだったので、信憑性はないかも知れませんね。
メジャーなメーカーの推奨値なら問題ないかもしれません。
モンベルの3㍑と比較してもかなりデカいです。
f:id:tkcgs119:20201207161246j:image
 
 

マット

寝袋の下に敷いて、寒さや硬さから守るものです。

じつは、自分が若いころ友人と何回かキャンプ行っていたのですが、マットの存在を知りませんでした。もしくは昔は売っていなかった?

寝袋でそのまま寝ていたんですが、朝起きると体が痛かったです。

快適に寝るためにもマットは必要ですね。

最初エアーマット買ったのですが、破けてしまいました。

エアーマットは収納コンパクトになるのですが、破ける恐れが。

自分は扱いがちょっと雑なので、使い方次第ですけどね。

次に買ったのがキャプテンスタッグ EVA フォーム マット シングルです。

超定番です。

エアーマットと比べると収納が大きいですが、破ける恐れはありません。


f:id:tkcgs119:20201207170245j:image

 

¥2,100です。

 

これでテント・テント内がそろいました。

次は外のものです。

 

 

 

椅子

チェアとも言います。

これも取り合えず安いの買いました。

似たような物がたくさんあるので、色とか見た目で選んでも良いかもしれないですね。

自分は最初なぜか黄色買いました。そのあと黒へ変更。

 

 

¥2,699です。

 

テーブル

持ってる人たくさんいます。

これこそキャンプギアの超ド定番 キャプテンスタッグ アルミ ロールテーブル です。

とにかく安くて物も良い。コンパクトに収納できます。

 

テーブルの方です。

f:id:tkcgs119:20201207170010j:image

収納時
f:id:tkcgs119:20201207170344j:image
 

 

¥1,473です

 

クッカー

ご飯作るのに必要ですね。

 ユニフレーム ごはんクッカープラスです。

鍋二つとフライパンが付いています。

炊き方の説明書が付いていますので、ごはんも簡単に炊けます。f:id:tkcgs119:20201207171808j:imagef:id:tkcgs119:20201207171823j:imagef:id:tkcgs119:20201207172336j:image

収納袋付き

f:id:tkcgs119:20201207172732j:image

 

鍋は麺を茹でたりもできます。

ざるは付いてないので、自分は手で湯切りしましたf:id:tkcgs119:20201207171958j:image

 

 

¥5,900です。

 

バーナー

ご飯作るのに必要ですね。

イワタニ ジュニアコンパクトバーナー です。

コンビニでも売っているカセットボンベを使用しています。

収納もかなりコンパクトです。f:id:tkcgs119:20201207173533j:image

缶詰も温められます。
f:id:tkcgs119:20201207173548j:image

 

¥5,680です。

ちょっと値段上がってるかも。

 

BBQ台

ロゴス ピラミッドグリル ステンレスグリル[1~2人用] です。

 収納もコンパクト、組み立ても超簡単です。

上の方です。
f:id:tkcgs119:20201207174145j:imagef:id:tkcgs119:20201207174207j:image

これにロゴスの炭を使用して、肉を焼いてます。

焚き火も出来ますが、やるとBBQはできないです。どちらかですね。

f:id:tkcgs119:20201207174645j:image

 

 

¥4,950です

 

 

照明

夜起きているなら必要です。

冬の夜は早いので、夕方位から必要になります。

最初買ったのは、何百円かの安いの購入したのですが、あまりにも暗いので次に購入した物を紹介します。

ジェントス エクスプローラー EX-136S です

単3電池 6本使用。重量 355g(電池含む)

これはだいぶ明るいです。f:id:tkcgs119:20201207175635j:image


f:id:tkcgs119:20201207175801j:image

自分は照明1つで行っていましたが、

慣れたら2つはあった方が良いですね

当たり前ですが、夜は暗いです。

 

¥3,168です。

 

ヘッドライト

ジェントスは明るいと書いたのですが、正直照明一つだと心もとないです。

トイレ行くときや、照明の補助になります。

自分が購入した物はなかったです。

良さそうなもの選びました。

 

¥1,595です。

 

食器

無くても良いかも

コールマン ノルディックカラープレート 4PC

皿4枚セットです。


f:id:tkcgs119:20201207181545j:image

 

ユニフレームのクッカーと袋に一緒に入ります。

f:id:tkcgs119:20201207181716j:imagef:id:tkcgs119:20201207181729j:image

¥938です。

 

箸とか

カトラリーとも言います。

なぜかチタン製の良いの買っていました。

 

¥3980です。 もっと安いので良いかも

箸・スプーン・フォーク・ナイフの4点セットです。

 

コップ

コーヒー飲むときとか。なくても

スノーピーク チタンシングルマグ です。

長く使うならこれが良いです。

 

¥2,178です。

 

入れる物

ザックかバックか

自分が買ったザックはもうありませんでした。

50リットルくらいの大きめの買った方が良いです。

お値段¥5,000くらい

 

ボストンバック

お値段¥2~3,000くらい

 

最初のころの写真が無かったですが、ソロキャン始めて3回目くらいでザック+バックでした。

 


f:id:tkcgs119:20201207193255j:image

キャンプ道具の他に、着替え・食材とか入れていたので。

今まで使用していたのがあればそれでも。

 

その他必要なもの

・ティッシュかキッチンペーパー

・焚き火やるなら薪

・ゴミ袋

・食材

・超必須の酒

 

冬なら

・中に着込むもの

・手袋(テント設営撤収時に)

 

夏なら

・クーラーボックス

・虫除け

 

まとめ

合計 約50,000円 + ザック等 + 消費税です。

意外としますね。

 

皿・箸(割りばしで)・コップとか必須でないものも省けば40,000円くらいになりそうですね。

他にもあった方が良い物もあると思いますが、これでソロキャンできます。

要・不要 選別してみて下さい。

 ※アマゾン等は、価格の変動があります(2020年12月の価格です)ので、購入時には注意してください。

 

あくまで自分がソロキャン始めるときに買ったものです。

始めから良いものそろえるのも良いでしょう。

安い物から始めるのも良いでしょう。

続きそうかわからない場合は、とりあえず安くてよい物から始めましょう!

 

あと、今からは冬キャンになります。

ソロキャン始める方に正直お薦めする季節ではありません。

寝るときかなり寒いです。外で寝てるようなものです。

寒さに耐えれる覚悟(工夫すれば何とかなりますが)がある方のみ、冬から始めましょう。

始めたけど、寒すぎてもうキャンプ嫌だなと思われたくありません。

始めたからには長く続けて欲しいです。ですので、寒さに自信がない方は4月ころから始めましょう。(4月でも少し寒いですが)

 

ぜひみなさん

ソロキャン始めて、ブログやSNSで交流しましょう!!

 

 

 

 

ランキングに参加しています

クリックをお願いします

にほんブログ村 アウトドアブログ ソロキャンプへ
にほんブログ村